「エア/プールーまちなかを攪拌する。」(東京)

A public-space exhibition@Nishikoyama area, Tokyo
パブリック・スペースでの展示会

日程/Date:9月29日(金)~ 10月1日(日)
時間/Time:12:00~19:00
会場/Site:東急目黒線沿線西小山駅周辺エリア(3会場に分布:地図
Website: https://airpool-nishiko.jimdo.com
作品/Work:フィクストメディア作品/fixed-media work (sound)

[オープニング・レセプション/Opening Reception]
日時/Date & Time:9月29日(金), 19:00〜20:00
開場時間/Opening Time:18:30
会場/Site:東京都品川区小山地区 西小山駅前広場

[商店街アートマップ]
https://goo.gl/W7HaZd

 

開催概要
(Text & Curation: 周 浩/Lily Shu, cited from the website)

このたび、9月29日(金)~ 10月1日(日)の3日間にわたって、‘まちなか展覧会’「エア/プール」を、東急目黒線沿線西小山駅周辺エリアの3つの会場にて開催いたします。

グローバリゼーションと資本主義が席巻する現代の社会において、歴史的文脈を踏まえた美術の展覧会や芸術祭が、国内外で多数開催されています。それらの展覧会や芸術祭を通じて、もともとは多種多様であったはずの個々のアート作品が、一定のコンテクスト(文脈)に従って、再構築され、意味づけられていくことも無視できない現象であると言えるでしょう。そうした無数のコンテクストにまつわる「情報」の氾濫によって、人間社会が本来的に持っていた存在論的統合性が分断されていくことを意味しているのかもしれません。‘まちなか展覧会’「エア/プール」は、一元的で単一の視点から語られる「大きな物語」としての歴史の文脈に吸い込まれていく「情報」としての作品の寄せ集めではなく、より私的な視点や個別のストーリーを持って対話するアーティストたちとキュレーター、そして来場者の方々とのコラボレーションによって成立します。

ランドマークのような名所スポットやブランドが立ち並ぶエリアで開催するのではありません。匿名性が高い現代都市の一角として、西小山エリアの駅前から商店街にわたり、公園などを含めて会場となります。私たちは、日々の営みを行う商業、あるいはそれらにかかわる施設やモノが、それぞれいかなる関係にあるのかという問題提起に挑むとともに、日常空間が持つある種の「虚構性」と「物語性」に着目し、土地と社会的行為との関係、主体と他者との関係について問いかけます。

「エア/プール」は、啓蒙的な目的や「スペクタクルの社会」に求められがちなエンターテーメント性から、距離を置きつつ、小規模でありながら、町のさまざまなスペースを巻き込み、密度の高い展覧会を目指します。来場者の方々には、自分自身で「鑑賞マップ」を制作してもらい、「この展覧会の作品」として評価したものを撮影し、本展ウェブサイトに写真を投稿していただくことで展覧会の進行に関わることができます。一方的に与えられた空間を楽しむのではなく、空間と作品のもたらす関係性、そしてその関係性における価値を発見し、町のエコロジーに対する分析と再構築に参加してもらいます。こうした行為を通じて、会期中のみならず、その後の地域におけるさまざまな立場の人々の間の「対話の存続」にもつながるよう願っています。

主催: LSK
キュレーター: 周 浩
協賛: 西小山商店街振興組合
協力: 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科

*東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科
アートプロデュース専攻修士論文特定課題研究
Curation: LILY SHU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn