Physical Theatre “People in the Dunes” Project

動きと音のインタラクションによるフィジカル・シアター作品 『砂の人々』
(English is below.)

このプロジェクトは、モントリオール在住のビ ジュアルアーティストであり演出家であるべティナ・ホフマンと、東京在住の作曲家でサウンドデ ザイナーの平山晴花、同じく東京在住の舞踏家、 青木三都子、伊藤春彦、コンテンポラリーダンサ ーの榑松朝子、Keke、鈴木奈菜が参加するコラ ボレーションで、7 月と 8 月に東京の 3 つの会場 で作品の公演が予定されています。

この作品では、元来表現的なものである様々なダンスや動きというものを、それと相反する制約的環境下に置くことで、ダンサーは 予期せぬ不安定な動きをし、そして動力と脆弱性によるある種のゲームが試みられます。それは、機能性や効率性、協働性、または敵 対性などが交錯する「オフィス」という場所にもなぞらえられています。そしてオフィスという特有の空間的要素やそこでの単調な行 為の連続は、試行錯誤的にダンサーによって新しい展開へと発展していくことで、最終的に彼ら自身の行動や相手との相互関係、また は在り方に新たな意味を与える力として変化していくことでしょう。

また、モーションキャプチャ技術により、動きと音との間にはインタラクションが意図されています。それによりパフォーマーの行 為は瞬時に活性化され、音の変容へとつながります。さらに彼らの行為から生成された音は、動きの即時性、空間におけるダンサーの 存在、または彼らの関係性をより強調するでしょう。そして一旦体や物体から分離された音は、魂のように漂い、乾いたオフィス環境 における個人の隙間を埋めようとするだけでなく、人々に対して見えない指揮力さえもたらし得る存在であり、ある種の音楽となった 音は、時に彼らの脆弱性や危機的状況を救う役割を果たすかもしれません。
「砂の人々」というタイトルは、砂丘の中に閉じ込められた男の状況を描いた安部公房の小説「砂の女」に関連しています。この作 品では、「砂の女」の内容の本質について表現し、最終的に制約的環境下に置かれてもなお、自由を見つけだしていく様子について追 求しています。

[出演]
演出:べティナ・ホフマン
サウンド&インタラクティビティ:平山晴花
動き:青木三都子、伊藤春彦(舞踏)、榑松朝子、Keke、鈴木奈菜(コンテンポラリー)

[公演 1]
「たまおん Tamagawa University Music Day: コンピュータ音楽演奏会」
日時: 2018/7/7(土)15:30 開演 (入場無料)
場所: 玉川大学 UCH107 (〒194-8610 東京都町田市玉川学園 6-1-1)
プログラム: フィジカルシアター『People in the Dunes(砂の人々)』(short ver.)
※同公演では、その他にも同大学教員らによる電子音楽作品のライブパフォーマンスがあります。
ウェブサイト: http://www.tamagawa.ac.jp/arts/news/detail_0012.html

[公演 2]
「『砂の人々』レクチャーコンサート」
日時:2018/7/17(火)17:00~18:00(入場無料)
場所:国立音楽大学 6 号館 113 スタジオ (〒190-8520 東京都立川市柏町 5-5-1)
プログラム: フィジカルシアター『People in the Dunes (砂の人々)』(full ver.)の上演 とレクチャー
ウェブサイト: http://www.kcm-sd.ac.jp/events.html 

[公演 3]
「『越境する表象』フィジカル・シアターと舞踏公演による二部構成」
※同公演は、舞踏グループ「アトリエ・紅」の舞踏公演との共同公演です。
日時:2018/8/3(金)18:30 開場 19:00 開演 (2000 円、当日券のみ)
場所:テルプシコール (〒164-0001 東京都中野区中野3丁目49−15 ハタビル)
プログラム:
第一部: フィジカルシアター『
People in the Dunes (砂の人々)』の上演
出演者: Bettina Hoffmann (演出)、平山晴花(サウンド&インタラクティビティ)、青木三都子、伊藤春彦(舞踏)、榑松朝子、Keke、鈴木奈菜(コンテンポラリーダンス)
第二部:『双ノ手ニ一杯ノ白百合ヲ』の上演
舞踏手:青木三都子、伊藤春彦、中村徹、岡村唯史
ウェブサイト: http://www.studioterpsichore.com/index.html (テルプシコール)
お問い合わせ: peraperamaru@gmail.com (アトリエ・紅 青木)

 

Physical theatre People in the Dunes
–Interactions between movements and sound

This project is a collaboration between visual artist and choreographer Bettina Hoffmann (Montreal) and composer and sound designer Haruka Hirayama (Tokyo) with the participation of butoh and contemporary dancers from Tokyo: Mitsuko Aoki, Haruhiko Hito, Keke, Asako Kurematsu, Nana Suzuki. July 7 + 17 and August 3 at Tamagawa University, Kunitachi College of Music and Terpsichore in Tokyo.

Within the performance seemingly disparate movements are placed in an antagonistic environment and atmosphere of an office. In this restraining space, dancers do unexpected, destabilizing movements, and enter in some kind of game of power and vulnerability. They are using the spatial elements and monotonous actions of a strict office situation in new and untried ways, and in the end enter into a new spatial and corporeal dynamic that gives new meaning to their actions, interactions and lives.

A motion capture device allows the performers to activate and change sounds that are generated by their actions to emphasize the immediacy of movement, the presence and relations of the dancers in space. Common arid and extemporized sounds waft here, and bridge the relations of individuals. Once sounds are separated from bodies or objects, they can drift like souls, or gain a commanding force and gradually change into some kind of music.
The title “People in the Dunes” relates to a novel by Abe Kobo, “The woman in the dunes” (1962) that depicts the situation of a man trapped in the dunes fighting the ever flowing sand, reflecting about his life and in the end realising its essence and finding freedom.

[Creators and Performers]
Choreography: Bettina Hoffmann
Sound and Interactivity: Haruka Hirayama
Movements: Mitsuko Aoki (Butoh), Haruhiko Itoh (Butoh), Keke (Contemporary), Asako Kurematsu (Contemporary), Nana Suzuki (Contemporary) etc.

[Performance Dates]
[Performance 1]

Tamaon – Tamagawa University Music Day
Date: 7 July, 2018 (Sat.)
Time: 15:30 – 16.30
Admission free
Venue: UCH107, Tamagawa University
Address: 6-1-1 Tamagawa-Gakuen, Machida city, 194-8610, Tokyo
Website: http://www.tamagawa.ac.jp/arts/news/detail_0012.html
Organised by: College of Arts, Tamagawa University
Program: People in the Dunes – Physical theatre of interactions between movements and sound. (Short version)
* This concert includes other composers’ works also.

[Performance 2]
People in the Dunes – Performance + Talk Date:17 July, 2018 (Tue.)
Time: 17:00~18:00.
Admission free
Venue: Studio 113 at Building 6 (6-113), Kunitachi College of Music
Address: 5-5-1 Kashiwa-cho, Tachikawa city, 190-8520, Tokyo
Website: http://www.kcm-sd.ac.jp/events.html
Program: An introduction to this collaboration and a performance of People in the Dunes – Physical theatre of interactions between movements and sound. (Full version.)
[Performance 3]
Beyond The Border – Double Featured Program Date:3 August, 2018 (Fri.)
Time: 18:30 open, 19:00 start
Ticket: 2,000 yen
Venue: Terpsichore
Address: 3-49-15, Nakano, Nakano-ku, 164-0001, Tokyo
Website:http://www.studioterpsichore.com (Terpsichore)
Contact:peraperamaru@gmail.com (Aoki)
Program:
1: People in the Dunes – Physical theatre of interactions between movements and sound. ( Full version)
Creators: Bettina Hoffmann (Chreography), Haruka Hirayama (Sound and Interactivity)
Performers: Mitsuko Aoki and Haruhiko Itoh (Butoh), Asako Kurematsu, Keke and Nana Suzuki (Contemporary dance)2. Armful of Wild Lilies, Chapter 7
Atelier Beni – Butoh Performances
Butoh Performers: Mitsuko Aoki, Haruhiko Itoh, Tadashi Okamura, Toru Nakamura Website: http://cosmy.d.dooo.jp/atelier.htm

保護中: Harpsichord + Electronics Project (JP/NL)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Collaboration Project with Decibel New Music Ensemble (Perth) in 東京

zchancefig%e5%85%a5%e7%a8%bf%e7%89%88-01[Download flyer]

Decibel ScorePlayre (iPadスコアアプリ)のための形態化の実践のための:‘ある日’(2016, composed by Haruka Hirayama)のパフォーマンスの一部

Concert 1: 2016/12/9 (金)「コンプリート・ジョン・ケージ・ヴァリエーションズ」

[出演/Performers]
Decibel New Music Ensemble

キャット・ホープ/Cat Hope (flutes, bass guitar, artistic director)
リンゼイ・ヴィックリー/Lindsay Vickery (clarinet, bass clarinet, electronics)
アーロン・ワイアット/Aaron Wyatt (voila, score programming)
トリステン・パー/Tristen Parr (Cello)
スチュアート・ジェームズ/Stuart James (percussion/keyboard/electronics)
ローラ・ボインズ/Laura Boynes (dance)

– 河村聡子/Satoko Kawamura(ダンス/Dance)
– 田代啓希/Hiroki Tashiro(テープマシン/Tape machine)
ダレン・ムーア/Darren Moore(アナログシンセサイザー/Analogue Synthe)

Concert 2: 2016/12/10 (土)「チャンス・フィギュレーション・コラボレーションズ」

[出演/Performers]
Decibel New Music Ensemble
– Mitsuaki Matsumoto(琵琶/Biwa)

[作曲家/Composers]
平山晴花/Haruka Hirayama
仲井朋子/Tomoko Nakai
アレクサンダー・シグマン/Alexander Sigman
高橋渓太郎/Keitaro Takahashi
キャット・ホープ/Cat Hope
リンゼイ・ヴィックリー/Lindsay Vickery


Place: Tokyo Wonder Site Hongo http://www.tokyo-ws.org/english/hongo/
Ticket: ¥2,500/day  (Reservation: ticket@tokyo-ws.org)
More info: http://www.tokyo-ws.org/archive/2016/08/os-a04.shtml

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

[チャンス・フィギュレーションについて]

2日間に渡って行われる「チャンス・フィギュレーション」プロジェクトは、今回オーストラリアのパースを拠点に世界的に活躍しているDecibel New Music Ensembleを迎え、彼らのオリジナルプログラム「Complete John Cage Variations」(12/9)と、我々現地の作曲家とのコラボレーション企画「Chance Figuration Collaborations」(12/10)の2つのコンサートから構成されています。

この企画は、2日間ともにDecibelが開発するiPadスコアアプリ「Decibel ScorePlayer」がキーとなっています。第一夜のケージの全Variationsのコンサートでは、Decibelが出版社Petersの協力のもとに開発した、IからVIIIまでのiPad用即時的スコアを用いてパフォーマンスを行い、ケージが50年代後半から60年代後半にかけて音楽の構造における柔軟性を調べる主要な手段として作曲したVariations I-VIIIを、様々なテクノロージーや楽器、メディアを組み合わせながらDecibelオリジナルの方法で音楽として具現化していきます。また、翌日の第二夜のコラボレーション企画では、それぞれの作曲家がDecibelと彼らのScore Playerのために作曲した新曲を発表し
ます。同時に、現代的テクノロジーを用いて、各々が音楽化というプロセスを、それぞれの手法を持ってアプローチすることで、音楽構造における柔軟性という同テーマに取り組みます。

(参考/Reference)

ScorePlayerのプレゼンテーション
Decibel Score Playerについて
ナポリでのVariationsの公演
ケージプロジェクトに関する論文
ScorePlayerに関する論文

尚、このプロジェクトは、東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイトが主宰するOpen Siteの一企画として公演され、同財団、及び西オーストラリア州文化芸術省から助成を受けてます。
opensite_600_200tws_logo

 

dca_colour_short_version_cmyk